読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポーカー、プログラミング、もぐ

ポーカーとプログラミングともぐもぐについてのブログ。

Node.js + PostgreSQLを使ってアプリケーションを作る(6) ORMを利用する

プログラミング

目次

1, 環境構築

2, Hello World

3, 設定ファイルの追加

4, ルーティング、コントローラーの追加

5, データベースを使用する

6, ORMを利用する <-今回

今回やること

Bookshelf.js (ORM)を利用して、データを表示する

手順

  • 1, テスト用のデータをpsqlを利用して登録する
$ psql --username=nodeuser --password --dbname=nodeuser
nodeuser=> INSERT INTO tasks(title, description, created_at, updated_at) VALUES('test', 'test task', CURRENT_TIMESTAMP, CURRENT_TIMESTAMP);
nodeuser=> ¥q
  • 2, モデルを作成する modelsディレクトリを作成し、そこにTaskモデルを追加します。
$ mkdir models
$ vim models/task.js

models/task.jsには以下のように記述します。

'use strict';

const Bookshelf = require('../bookshelf');
const Promise   = require('bluebird');

const Task = Bookshelf.Model.extend({
  tableName: 'tasks'

}, {
});

module.exports = Task;
  • 3, コレクションを作成する collectionsディレクトリを作成し、そこにTaskコレクションを作成します。
$ mkdir collections
$ vim collections/taskCollection.js

collections/taskCollection.jsには以下のように記述します。

const Bookshelf = require('../bookshelf');
const Task = require('../models/task');
const Promise = require('bluebird');

const TaskCollection = Bookshelf.Collection.extend({
  model: Task,
}, {
  getList: function(){
    return new this()
      .fetch()
      .then (function (collection){
        return collection.toJSON();
      })
      .catch (function (error){
        throw error ;
      });
  }
});

module.exports = TaskCollection;
  • 4, コレクションを利用する controllers/public/index.jsを以下のように書き換えます。
'use strict';

const Promise = require('bluebird');
const TaskCollection = require('../../collections/taskCollection');

const getIndex = function(req, res) {
  TaskCollection.getList()
    .then(function (tasks) {
      res.json(tasks);
    })
    .catch (function (error) {
      res.status(500).json({msg: error.message});
    });
};

module.exports = {
  getIndex: getIndex
};

この状態でhttp://localhost:3000にアクセスすると、以下のようにtasksの内容が表示されます

[{"id":1,"title":"test","description":"test task","created_at":"2017-01-15T09:32:10.123Z","updated_at":"2017-01-15T09:32:10.123Z"}]

ここまでのコードは

github.com

こちらに公開してあります。